衣料の意図って人それぞれで、何をもってカッコイイかってしんどいんだけど、
誰が見てもみっともなくない、カッコイイ衣料っていうのは、
何よりも「その人に似合っていらっしゃる」ことが一番重要だと想う。
つまり、おしゃれな者、素晴らしい者っていうのは
「自分に似合う服」「自分が好きな服」をよく知っている者だと想う。

それはもっぱら服の意図だけじゃなくて、自分の道楽「魅力」をするために最適な服だったりやる
「フェチ」を表現できる服はあまり売れっ子に流されない。
自転車で立ち寄るのにデニム履いてくのはしんどい
渋い読み出しバイクを押して歩いていれば、ジャージにパーカーも野暮ったくない
もちろんダラシない風貌ではなくて、人を最高に美しく演出することが大事

最高に楽しめる道楽と、最高の着物で人をかっこ良く演出する
どしどし道楽が楽しくなるし、どんどん自分が好きに生まれ変われる。
こういう進め方をしている者はカッコイイ
お洒落になりたいなら、では自分が「フェチ」なものを作ることが大事だココマイスターのバッグ